手指の痛みの症状まとめ!正しい処置を知ってる?(2 / 4ページ目)

指の血豆の正しい処置の仕方!もしかしてほくろ?

指の痛み

手の指に血豆ができてしまったら、見た目も気になるし痛みがある場合はなおさら早く治したいものです。ただ処置の仕方を間違えてしまうと、ばい菌が入ってしまうこともあります。状態によってもっとも安全な方法で処置をすることが大切です。また血豆と思っていたら実はほくろだった、ということもあります。注意して観察するようにしてください。

指を縫う手術をした!抜糸まで気をつけるべきことは?

指の痛み

手指を縫う手術をしたあとは、抜糸するまでしばらく安静にしておかなければいけません。しかしケガの痛みや手術で気が動転してしまうと、なかなか主治医の先生の言うことが耳に入ってこないこともあるでしょう。指を縫った後に気をつけるべきことを分かりやすく紹介していきます。

手の指の切り傷に注意!適切な処置とは?

指の痛み

手の指に切り傷を作ってしまった時、血を止める方法はいろいろあります。でも痛いのを我慢するのは時代遅れになっていますよ。絆創膏を貼ったり、傷口に消毒薬を塗るのもあまりよくない理由があるのです。適切な処置をすることが早めの回復につながります。

指を切った時の対処法!血が止まらない時はどうする?

指の痛み

注意していたつもりでも、考え事をしていたりすると、包丁、スライサーカッターなどで、うっかり指を切ってしまうことがあります。切った後はなかなか血が止まらない時もありますし、不安になりますよね。実は昔から言われていた止血の方法は最近は間違っていると言われています。正しい応急処置をすることが早めに止血して、痛みを和らげることにつながりますので参考にしてください。

指の骨にひびが入ったかも!?完治まではどれくらいかかる?

指の痛み

手の指が痛みが長引く時は骨にひびが入っている可能性があります。家の中でコケた時に手をついてしまったり、重たいものを指の上に落とした衝撃でひびが入るのです。治療を正しく進めていかないと、完治するまでに長引くことになるので注意してください。治療までの期間の目安も合わせて確認してください。

手の指を反ると痛い!酷使しすぎるとどうなる?

指の痛み

手の指を反ると痛みを感じる時、もしかしたら病気が潜んでいる可能性もあります。ふとした時に「指の力が入らないなぁ」と思ったりすることもありますね。そんな違和感を放置してしまうと、大きなトラブルに繋がることもありますので、早めに治療するようにしましょう。手の指は思いのほか、肉体の中でも酷使してしまっていることが多いのですよ。

指の膿の出し方は?放置しても大丈夫?

指の痛み

手の指に膿ができることがあります。白や緑色など膿の種類はさまざま。そんな時、自分でできる膿の出し方を知っていますか?正しい出し方をしないと、痛みがひどくなる危険性があるばかりか、治療も遅れてしまいかねません。また、膿を見つけた時に痛みがない場合は放置していてもいいかどうかについて、合わせて解説していきます。

指のしこりが痛い!原因はガングリオン?

指の痛み

指にできてしまったしこりに気づいた時、ついそのままに放置していまいがちです。痛みがなく日常生活が問題なく送れる時はあまり心配しなくても大丈夫ですが、もししびれや痛みの症状がある場合は、医療機関の受診を受ける方がよいでしょう。手の指のしこりは、ばね指、へバーデン結節、ガングリオンなどの可能性が考えられます。しこりの種類や痛みの有無によって判断できますので参考にしてください。

指の脱臼の治し方!痛みで曲がらない時の症状と処置は?

指の痛み

手指の脱臼は痛いです。痛みで曲がらない時もあるくらいです。スポーツをやっていなくても日常生活の中で、強く手をついてしまって脱臼することもあります。手の指は骨も細いので、打ちどころが悪ければ脱臼してしまうのです。骨だけでなく腱や筋を痛めることもありますので、正しい治療を受けることが大切になります。応急処置についても紹介していきますので、自己判断はしないように気をつけてくださいね。

ページの先頭へ