「どうして、この指は○○指っていうの?」と、指の名前について子供から聞かれたら何て答えますか?

子供の「どうして?」という質問は、答えが難しいものもあって困ってしまいますよね。

指の由来は、何となく想像できるところもありますが、案外と知られていない名前の由来もあります。

特に面白いのが、薬指の由来なんです。

ここでは、指の名前の由来について1つずつお伝えしますね。

SponsordLink

指の名前の由来は大きさや使い方

まずスタンダードな指の名前の由来に、大きさや使い方からつけられたものがあります。

◯大きさから名前が付いた指

  • 親指…5本の指の中で一番太いため
  • 中指…5本の中の真ん中のため
  • 小指…5本の中で一番小さいため

これはすぐ想像できますよね。

◯使い方から名前が付いた指

  • 人差し指…人に指示をするとき、命令するときに使う指のため

人差し指の名前の由来を、「人をつい指差してしまうからだ」と思った人はいませんか?

それはちょっと違います。

時代劇などではよく見かけますが、人に指図するとき、確認するために指を差す場面がありますよね。

そういった命令に使った指ということから名前がついています。

  • 薬指…薬を混ぜたり、舐めたりすることに使ったため

今では薬剤師が手で薬を混ぜたり、舐めたりすることはありませんよね。

でも、5本の指の中で一番使う頻度が少ない指が、この指だとされて、昔は医師が薬を扱うのに使う指だったそうです。

そのため「薬師指」と呼ばれたこともありました。

SponsordLink

薬指にはほかの由来や名前もある

実は、薬指は名前の由来や名前が他にあり、5本の指のなかでも一番、不思議が多い指です。

◯薬師如来に由来する説

薬師如来像の写真を思い出すとよくわかりますが、薬師如来が1本だけ立てている指がありますよね。

あの指が薬指で、薬師如来の「薬」の文字から薬指となる節があります。

◯紅差し指と呼ばれたこともある

昔、口紅は今のようなスティック状は存在せず、練状のものが使われていました。

その紅を差す指に使った、だから、「紅差し指」と呼ぶこともありました。

◯名無し指と呼ばれたこともある

名無し指の名前の由来には諸説あります。

  • 方言に由来する説
  • 一番使わず、動きにくく、役に立たないから名前を付ける必要もないから「名無し指」という説
  • 魔法の力があり名前を呼んではいけないため、名前を付けないから「名無し指」という説

です。

一番有力なのは「魔法の力」説です。

昔、薬指には魔法の力があり、病気を治すことができる指と信じられていました。

呪いをかけるには、名前が必要とされていて、名前を知られると魔法の力(病気を治す力)が消えてしまう、だから名前を付けないようにしました。

ジブリアニメにも、名前があると呪いにつながるから、奪ってしまうシーンがありましたよね。

また、薬師如来が魔法の指を立てていたのも、何となくわかるというか不思議ですね。

子供には指の名前を家族に見立てて呼ぶ

子供が幼稚園などに行っている家庭ではよくご存じかと思いますが、指を家族に見立てて呼ぶこともあります。

幼児語といいわれる部類で、子供に覚えやすいように使われています。

  • 親指…お父さん
  • 人差し指…お母さん指
  • 中指…お兄さん指
  • 薬指…お姉さん指
  • 小指…赤ちゃん指

ですよね。

親指は大きくて貫禄があって一番力が強いからお父さん。

人差し指はお父さんの隣にいるからお母さん指。

中指は背が高いからお兄さん指。

薬指はスマートだからお姉さん。

小指は小さくてかわいいから赤ちゃん指。

説は色々ですが、私は幼稚園のときこのように習いました。

SponsordLink

まとめ

指の名前の由来は、何となく想像できていましたが、薬指には色々あって、面白いですよね。

地域、文化、国によっても由来が様々なようです。

ちなみにですが、ピアノ教室でも指の番号を覚えるための指の歌があります。

  • 親指は食いしん坊の指(くわえることが多いから)
  • 人差し指はプンプン怒る起こりん坊の指
  • 中指はランラン踊る遊びん坊の指
  • 薬指はあわてん坊の指
  • 小指は甘えん坊の指

なんですよ。

面白いですよね。

指の名前について子供とお話するときに、いろんな物語を伝えてあげてください。

指の由来のお話を通して、知的な興味が深まっていきますよ。