突き指と言えばスポーツをしている学生が多いですが、学生に限らず大人だって日常のちょっとしたことで突き指してしまうこともありますよね。

痛いからなんとかしたいけど、病院へ行くべきでしょうか?

それとも家で放置しても問題ないものでしょうか?

それに、

  • 突き指してからしばらく経つけど痛みが引かない
  • 明日試合があるから急いでなんとかしたい

などなど悩みはそれぞれですよね。

今回は、状況と症状別に対処の方法を紹介していきます。

SponsordLink

突き指の治し方の基本とは!

まずは基本中の基本から、「突き指した!」と感じたらなるべく急いで冷やしましょう。

・氷で冷やす
・心臓より高い位置に手を上げておく

出先の場合はせめて心臓より上に手を上げておき(肩くらいで平気です)、冷えたジュースでも買えればそれを握っておきましょう。

症状の重い、軽いによって治り方に差が出ますが、初期の対処で突き指した場所の腫れを抑えることが早く治すポイントです。

SponsordLink

中指、薬指、小指で治し方は違うの?

突き指の場合、中指、薬指、小指などの指で治し方が違うというよりも、突き指をした関節の状態によって対処が変わってきます。

主に突き指で多いのが第二関節を痛めてしまう場合です。

あとは指の付け根(第三関節)の突き指もスポーツをしている場合は案外多いです。

どの突き指にも共通する治し方の基本をお伝えすると、

  • 冷やす
  • 動かさない

ということになります。

そして、まず突き指をした指がどんな状態になっているのか確認しましょう。

◯病院に行った方がいい場合

以下の場合は骨折の場合もあるので、なるべく早く病院に行くことをお勧めします。

・指が変な方向に曲がっている

・指がグラグラする

・内出血による腫れがひどい(関節が1.5倍くらいになることも)

・関節が全く曲がらない

・痛みが1週間以上続いている

上記のことに当てはまるようなら、すぐにレントゲンの撮影ができる整形外科を受診して下さい。

通常の突き指なら、多少は痛いながらも多少は曲げ伸ばしできます。

またひどい場合でも1週間程度で痛みは治まります。

◯なるべく早く痛みを引かせたい場合

部活や大会など、すぐに運動したい場合などはテーピングです。

お子さんがバレーやバスケなど突き指が多い部活をやっている場合は、整骨院などでテーピングのやり方を一緒に教えてもらっておくのもいいですね。

ただし、テーピングすることで突き指が治るわけではありません。

固定することで炎症を悪化させないようにして痛みを感じにくくするだけなので、運動後は必ず氷でアイシングをして悪化しないようにしましょう。

部活や試合などどうしても、という場合以外は指を動かさず安静にしているのが一番です。

◯普段は痛くないけど曲げ伸ばしで痛い場合

突き指した直後は、曲げ伸ばしをすると痛みがありますよね。

その時、むやみに動かしたり指を引っ張ったりすると症状を悪化させることがあるので、なるべく動かさないようにしましょう。

突き指してから数日間、痛みが出ている間は冷湿布を貼って冷やすといいです。

普段からテーピングで固定するという方法もありますが、下手に巻くと血流を悪くしてしまうことがあるので、普通に生活していて痛くない場合はやめておくのが無難です。

なるべく動かさないように安静にしていれば軽ければ数日、長くても1週間程度で痛みは感じなくなります。

◯1週間以上痛みが続く場合

  • 特に動かさなくても痛い場合
  • 動かしたときの痛みが突き指した当初とあまり変わらない場合

は骨折や靭帯を痛めている可能性があります。

まずは整形外科を受診しましょう。

強い痛みはないけれどふとした時に「痛い」と感じる場合は、関節を使わなかったことで動きが鈍くなってしまっているだけかもしれません。

強い痛みがない場合は入浴中などに、関節を温めてからゆっくり曲げ伸ばしをしましょう。

関節を動かすことで凝り固まっていた部分が元通りスムーズに動くようになり、痛みが和らいできます。

食べ物で回復が早まる!?

突き指は関節の周囲に炎症が起こり、痛みを引き起こしています。

炎症を早く沈めて、指の中の修復を早めればその分治りも早くなります。

怪我や病気の時などは、自己回復力を高める栄養を積極的に食べるといいですね。

怪我の回復に効果があるのは、「亜鉛」「タンパク質」「ビタミンB」「ビタミンC」などです。

サプリなどで摂るのも手軽ですが、献立を考える時に少し意識すれば回復の手助けくらいにはなりそうですね。

亜鉛

新しい細胞を作る指令をだすのに必要な栄養素です。

牡蠣、ごま、牛もも肉、高野豆腐、玄米など

ビタミンB群

炎症を抑える作用があります。

突き指の部分に起こっている炎症を鎮めるためにも食べたいですね。

レバー、鶏肉、納豆、バナナ、鮭など

ビタミンC

傷を早く治す効果があります。

突き指の部分では内部に傷ができているので、その修復の手助けになります。

キウイ、ブロッコリー、ホウレンソウ、トマト、みかんなど

タンパク質

体を作る栄養素です、どんなにビタミンなどを摂ってもタンパク質がなければ細胞が出来上がりません。

肉、魚、大豆など

食べ物は回復力を高めるだけで、すぐに治すわけではないので、基本は安静にしていることです。

SponsordLink

まとめ

たかが突き指、されど突き指ですね。

日常的に起こりやすい怪我で油断しがちですが、「これはおかしい!」と思ったらきちんと病院で検査してもらいましょう。

そして今後の為にも、突き指をしたらなるべく早いうちに氷で冷やして腫れないように対処する、と覚えておきましょう。

自分や家族がけがをしてしまった場合は、安静にするのはもちろん、食べ物で回復をサポートできるということも覚えておいてください。