手の指に発疹ができたら、かゆみと痛みで悩まされますよね。

しかし、そんな指の発疹の原因をご存じでしょうか。

手湿疹は、水仕事をしている方に多いと言われますが、

  • 洗剤
  • シャンプー

など日常的に手に触れるものが原因で発症する場合もあるんですよ。

そして、一度発疹ができてしまうと

  • 部位が広がってしまったり
  • かゆみから痛みに発展してしまったり

大変な思いを可能性もあります。

今回は、そんな手湿疹の主な症状や原因と対策についてまとめました。

SponsordLink

手指の発疹と、かゆみのメカニズム

手の指にできる発疹のことを、手湿疹と言います。

手で触れた物からの刺激やアレルギー反応によって、手のひらや指にできる皮膚炎(発疹)のことを指します。

  • 調理師
  • 美容師

など水仕事の方に多く、主婦に生じた場合には「主婦湿疹」とも呼ばれます。

手湿疹の主な原因

水仕事をする人になぜ手の発疹が見られるケースが多いかというと、手の皮膚の表面の保護機能が低下してしまうからです。

具体的には、

  • 洗剤、シャンプーなど手に刺激となるものに長時間触れている
  • 食器を洗う時に熱めのお湯を使う

などが原因で、手や指の皮膚の表面を保護している「角層間脂質(かくそうかんししつ)」や天然保湿因子が減少します。

そして、皮膚を保護する機能が低下した結果、かゆみなどを伴う炎症を引き起こしてしまうのです。

特に、空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多いです。

またもともと皮膚が乾燥しやすい乾燥肌やアトピー体質の方は手湿疹が出やすく、化学物質や植物・金属など特定の物質に対するアレルギー反応によって、症状が表れる場合もあります。

手湿疹の症状

手のひらや指の皮膚がカサカサと乾燥した状態になり、かゆみを伴う発疹(紅斑こうはん)ができます。

指先の皮膚が荒れて乾燥してくる場合と、指の間に発疹ができて徐々に範囲が広がっていく場合があります。

これらが悪化すると皮膚が硬くなり、ひび割れを引き起こします。

強いかゆみを感じることが多く、かいてしまうことで、さらに症状が悪化していきます。

SponsordLink

かゆみ、痛みの予防と対処法

手指の発疹によるかゆみと痛みは、まず生活環境に注意することでケアすることができます。

◯空気を乾燥させない

特に冬場はどうしても、エアコンやストーブなど暖房器具を使うことが多くなり、室内が乾燥しています。

  • 加湿器を利用する
  • 洗濯ものを室内干しする

など、生活スペースの湿度を高くする工夫をしてみましょう。

また適度に水を飲んで、体の乾燥を防ぐことも効果があります。

◯手湿疹対策に使えるアイテムを使う

水仕事が原因になりやすいとは言っても、手洗い、シャンプー、食器洗いなどの家事は毎日のことですから、やめることはできませんよね。

手荒れが治らない時は、生活環境を整えることに加えて、保護グッズやさらなる保湿ケアをしていきましょう。

  • ゴム手袋

食器洗いで水仕事をするときは、ゴム手袋を付けると指の表面を守ることができます。

  • 尿素含有のハンドクリーム
  • ワセリンなどの保湿剤

シャンプーや水仕事のあとには、ハンドクリーム(尿素含有など)やワセリンなどの保湿剤を塗って、こまめにケアしましょう。

あまり時間を空けず、まだしっとりしている時に保湿ケアをすることをおすすします。

外出時にも、すぐケアできるように、自分に合ったものを持ち歩くといいですね。

◯皮膚科の薬を付ける

それでも症状が改善しない場合や、かゆみや痛みが強くなったり、範囲が広がってしまう場合には皮膚科を受診してください。

指のかゆみの原因として、可能性がある病気の例を挙げると

  • 慢性湿疹
  • 異汗性湿疹(汗疱)
  • アレルギー性接触皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • 手白癬(てはくせん)
  • りんご病

など、様々な病気があります。

病院では、皮膚の炎症に対してはステロイド剤を塗布する治療が行われることが一般的です。

ステロイド剤の使用には抵抗がある方も多いと思いますが、適切に使用すれば心配ありませんので、医師や薬剤師さんに指示された用法と用量を守って正しく使いましょう。

◯スマホで写真を撮っておく

皮膚科の診察を受ける時には、正確に症状を伝える必要がありますが、写真を撮っておくと一目瞭然です。

いくら言葉で伝えるよりも正確な情報を医師に伝えることができるので、気になる時はスマホのカメラで記録を取っておくといざという時に役立ちます。

SponsordLink

まとめ

誰でもなってしまう可能性がある手指の発疹。

かゆみぐらい大したことはないと思っていても、悪化すればひび割れなど痛みを伴うこともありますよ。

日頃のちょっとした工夫やケアで対処できますので、悪化させたり長引かせたりしないよう、早速はじめてみてくださいね。

そして、対処しても改善しない場合は、できるだけ早く皮膚科を受診するようにしましょう。

一言で手湿疹といっても様々な原因が考えられるので、発疹が長引く場合は自己判断は禁物です。

早めに対処することが早期改善につながりますので、ちょっとでも気になったら皮膚科に行く時間を作ってくださいね。